40代からの化粧品|年齢で肌を見極める!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアでお肌改善

女の人

洗顔を見直してみましょう

暑い夏が終わりに近づいて秋の気配を感じるようになると、なんとなく肌がピリピリする日がありませんか。カサカサして化粧のノリがいまいちな日がありませんか。それは、敏感肌に傾いているしるしです。夏の強い紫外線や、クーラーにさらされた肌はストレスをためています。そして敏感肌に傾いてしまっているというわけです。そんな肌には丁寧なスキンケアが必要です。まずは、洗顔を見直してみましょう。ばっちりメイクをした日には、メイク落としと洗顔剤を使うのが一般的です。しっかり落としたいがためにしてしまいがちなのがこすりすぎなので、ゴシゴシこすらないようにしましょう。薄いメイクのときには、メイク落としを省いてみましょう。洗顔剤だけで、丁寧に洗顔を行います。すっぴんの日には、洗顔剤も使わず水かぬるま湯で洗うだけにしましょう。

保湿の方法

敏感肌に傾いているときには、いつも以上に保湿も心掛けたいものです。化粧水をたっぷりと与えましょう。コットンがひたひたになるぐらいたっぷりの化粧水をふくませましょう。こすりつけると摩擦によって敏感肌に加速がかかってしまうのでさけましょう。とんとんとのせたり、肌にすべらせるようにのせていきましょう。コットンを使うと清潔なのがよい点ですが、敏感肌に傾いているときには繊維さえ刺激になってしまうこともあります。その際には、コットンは使わず手のひらを使いましょう。手のひらにたっぷりと化粧水をだし、肌におしこむようにつけましょう。化粧水をつけたら、乳液か美容液をつけてさらに保湿を心掛けましょう。