40代からの化粧品|年齢で肌を見極める!

このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線から肌を守る効果も

化粧水

乾燥しやすいので注意する

本来ビタミンcは乾燥性の物質です。そのためビタミンc誘導体も同様に乾燥を招きやすいので注意をしておきます。乾燥対策として、ビタミンc誘導体が含まれている化粧品には同時に保湿成分も含まれています。乾燥肌気味の方は特に保湿成分の配合を重視して、ビタミンc誘導体入りの化粧品を選んだ方が安全です。ただし配合されている保湿成分にも気をつけておきたいものがあります。その1つがヒアルロン酸です。体内に生まれつき存在する保湿成分としても知られるヒアルロン酸は、分子が大きいのが特徴です。このためビタミンc誘導体と一緒に配合されていると、分子が小さいため本来は肌に吸収されやすいビタミンc誘導体の方も吸収を阻害する恐れがあります。ビタミンcの働きを阻害させないためにも、ヒアルロン酸入りの化粧品はビタミンc誘導体入りの化粧品の後に用いるのが理想です。

美容において必須な理由

実は動物のほとんどは、体内でグルコースを元に自分でビタミンcを生成できます。しかし人間はビタミンcを生成できないのです。美容においてビタミンcが重要とされるのも、この理由によるものです。そのための肌への浸透率の高いビタミンcがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体が化粧品に配合されていることが多いのも、肌の真皮層にまでビタミンcを送るためです。ビタミンc誘導体がもたらす肌への良い効果は多数あります。例えばシミ改善効果もその1つです。ビタミンcには酵素阻害作用と還元作用があり、メラニン色素の過剰生成を抑えてくれ、シミや炎症などを防いでくれます。またコラーゲン生成を促すため、肌の張りを出して弾力感を取り戻せます。他にもニキビ改善や紫外線からのバリア効果などもあります。このような理由からビタミンc誘導体はスキンケアに必須であり、同時に化粧品によく含まれている理由です。