40代からの化粧品|年齢で肌を見極める!

このエントリーをはてなブックマークに追加

肌への相性も考える

レディ

無添加のものが好まれる

新陳代謝も若い頃よりも落ちて、紫外線の蓄積ダメージや保湿力の低下から化粧品の相性が出やすくなるのが40代です。そのような40代の肌に特に相性が良いとされ注目が集まっているのが、無添加化粧品です。一般的に無添加化粧品は、アレルギーの危険性があるとされる102種類の製品に表示義務のある添加物を一切含んでいない化粧品のことを指します。その一種である合成界面活性剤は洗浄力を高めてくれますし、防腐剤のように製品を長持ちさせる効果を持つ成分もあります。しかしこれらは肌荒れの原因になりやすいため、40代の肌には場合によっては合わないことがあります。このように添加物は化粧の効果などを高めてくれる利点もありますが、肌荒れの原因ともなりやすいため、肌が弱りがちな40代向けの化粧品では、無添加化粧品が指示を集めているのです。

肌の悩みに応じて選ぶ

20代の頃に比べて、40代の化粧品選びはより一層難しくなります。その理由はシミやシワ、肌荒れといったトラブルが増え、それに対応したエイジングケアが必要となるためです。このような40代の肌のありがちなトラブルの対処テクニックとして、個別に覚えておきたいものを挙げていくと、まずシミのケアはシミの種類ごとに有効な美容成分を積極的に美容液などから摂ることです。例えば肝斑や炎症性色素斑、老人性色素斑の初期のものなどは、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどを化粧品から補ってあげるのが理想です。同じく40代の肌に多いトラブルであるシワは、コラーゲンをはじめ、ヒアルロン酸やアミノ酸などの肌を構成する成分を積極的に化粧品から補えるものを選ぶのがベストです。

紫外線から肌を守る効果も

化粧水

乾燥性の物質であるため、ビタミンc誘導体入りの化粧品を使うときは保湿に注意をしておくべきです。知識と知っておきたいことに、ビタミンcの誘導体の美容における働きがあります。シミ改善やコラーゲン生成、紫外線からのバリア機能などが得られます。

詳細へ

お手入れがカンタンに

スキンケア

メディプラスゲルは、1本でほぼ完全にスキンケアを行うことができる便利なオールインワンゲルです。美容成分をたくさん取り入れることができ、肌に必要のない添加物は取り除かれているので安心です。温泉水を利用し、敏感肌でも利用しやすいゲルです。

詳細へ

スキンケアでお肌改善

女の人

肌は様々なストレスにさらされる中がんばっています。そんな肌が敏感肌に傾いてしまったら、丁寧に労ってあげたいものです。洗えば洗うほど乾燥肌に傾いてしまうことがあるので注意が必要です。同時に保湿も大切なので化粧水をいつも以上にたっぷりと与えるようにしましょう。

詳細へ